リコネクション/リコネクティブ・ヒーリング専門サロン・マタリキ稲元美智子【宮崎・都城・東京・大阪・福岡】

リコネクションとリコネクティブ・ヒーリングを受けるなら、リコネクティブ・ヒーリングのメンター江藤美智子のサロンマタリキへどうぞ。【資格】リコネクティブ・ヒーリング・ファンデーショナル・プラクティショナー/リコネクション・サーティファイド・プラクティショナー/ メンター
bn

# 東京オリンピックと333とリコネクション

写真出典:nj- .com      東京タワーは333m

みっちです。
今日は東京オリンピック開会式まで333日
だそうです。最近の東京は、オリンピック
受け入れ準備のための大掛かりな工事が駅
構内のあちらこちらにあって大変不便に感
じています。昨年12月に新宿や東京駅に行
ったら、階段の電動化工事のためどこにEV
があるのかわからず、道に迷ってしまって
大変でした。

だから、最近は工事している駅は使わない
ようにしました。今回のセッション場所は
赤坂見附駅から徒歩1分の場所なので雨が
降っても大丈夫。

私は杖をついていて、キャリーケースを引
きながら、傘はさせないので突然の雨降り
は雨に濡れながら歩きます。健康な人には
わからないんでしょうね、
「雨降ってるのに何で、傘ささないの?」
という顔で見られます。知人にそう聞かれ
た時には、「イギリス人だから」と、嘘を
つきます(笑)

電車やバスの中でも、優先座席で席を譲っ
てはもらえないことが多くて。こんな経験
をするのは日本国内だけです。ある日、テ
レビで日本人はシャイだから、席を譲るの
は恥ずかしいという番組を見ました。

「は??」

だから、最近は、大きい声で「席を譲って
ください」と言うようにしました。ブスっ
て顔で譲ってくださった人にも、笑顔で対
応してくださった人にも等しくお礼にヒー
リング周波数をプレゼントします。

その人たち、何かいいこと、あったかなあ。

ところで、全然関係ないけど、この前、神
戸中央郵便局に行きました。その建物の周
りのビル群が、カナダのオタワの街に似て
いて急にオタワに行きたくなりました。

コリーンとみっち Canada Day 2015

 

リコネクションのセミナーで海外に行くと行
く先々でその街に似合う曲がふっと浮かんで
きます。数年前オタワに居た時、毎日語学学
校に通うバスの中から目にする看板の文字が
ありました。それが、”cherish the day”
「その日を大切に」。

これと同じタイトルの楽曲をSadeが歌ってい
て、カナダは私にとってSadeが似合う街とな
りました。

「その日を大切に」
普段は、なかなか意識できません。
その日を大切にしたいから気の利いた言葉を
言うとか、失敗のお詫びを言うとか、あの時
言えなかった言葉を伝えるとか、なかなか思
いつきません。そして、言えなかった言葉は、
時間が経てばたつほど、言いにくくなりその
気持ちはだんだん濃度が濃くなっていきます。

普通、エネルギーって時が経てば薄れて消え
てしまったり離れてしまえば、感じなくなっ
たりしますよね?

例えば、暖炉の前に居れば暖かいけれど、離
れると寒くなるように。でも、言えなかった
言葉や表現できなかった自分の気持ちはだん
だん大きくなっていく。言葉は普通のエネル
ギーじゃないのかな?



意味はちがうけれど、これと似ているのがリ
コネクションの周波数がもたらす変化の性質
です。これは、333の周波数とも言われ、3
の倍数で変化をもたらします。

リコネクションは受けた日から時が経てば
たつほど、変化を及ぼす力は強くなり、更に
大きくエネルギーが動き続けるのです。

カップの中から取り出すのを忘れてしまった
ティーバッグ、お湯を入れすぎて薄く出来上
ってしまったコーヒー。

全てリコネクティブ周波数がバランスをもた
らしてくれるのなら、あの時言えなかった
一言を言えるチャンスが巡ってくるわね。

いつもありがとう。
Love,
Michiko

 


《お知らせ》
東京出張ヒーリング致します。
9月6日〜9日 赤坂見附駅徒歩1分
くわしくはこちら


リコネクションとは
リコネクティブ・ヒーリングとは

セッションお申込みはこちら

***

# リコネクション2019年9月東京出張ヒーリングのお知らせ

みっちです。
日中は暑いですが、朝はめっきり
気温が下がって来ました。
みなさん、お元気ですか?



さて、超、久しぶりに東京へ出張する
ことになりました。場所は赤坂見附です。
駅からとても近い場所なので、どうぞ

お気軽においでください。
セッション可能時間は以下のとおりですが、
6日金曜日は延長可能です。

リコネクションをご希望の方は、72時間以内に
2回を終了すればいいので、6日と7日または、
6日と9日のセッションで完了できます。
お問い合わせください。
みなさんとの出会いを楽しみにしています。

セッション可能時間
9月6日(金)11:00-12:00 12:00-13:00
9月7日(土)6:00-7:00
9月9日(月)7:00-8:00  8:00-9:00
                     9:00-10:00  10:00-11:00 
                       11:00-12:00

場所:東京都千代田区赤坂見附駅 徒歩1分
(詳細はお申込み後にお知らせします)

セッションメニュー
●リコネクティブ・ヒーリング 18,000円
1時間(説明15分/ヒーリング30分/聞き取り15分)

●リコネクション 54,333円
2日で1セット
各日1時間(説明15分/リコネクション30分/聞取り15分)

●カウンセリング
1時間 21,000円



尚、リコネクティブ・ヒーリングの遠隔セッション
は場所に関わらず、従来通り受け付けております。
皆さまとのご縁をお待ちしています。

ありがとうございます。

 

ご予約・お問い合わせ 


リコネクション&リコネクティブヒーリング専門
サロン マタリキ  江藤美智子

事務所:宮崎県都城市高崎町縄瀬1675

メール 489★matariki.jp ←★を@に。
携帯 (9時〜20時受付)090-3071-0995

お申し込み要項


以下の内容をご記入の上、上記のメールアドレス
にお送りください。
1.お名前(ふりがな)
2.ご住所
3.お電話番号
4.ご希望セッション名
5.セッション希望日
6.セッション希望時間 第一希望〜第三希望
7.セッション希望場所

☆セッション中は電話に出る事ができません。
お申し込みは、メールをお薦めします。
お電話は着歴をのこしてください。
折り返しご連絡致します。

 

リコネクティブ・ヒーリング についてはこちら

リコネクションについてはこちら

福岡、神戸、大阪、京都への出張も可能です。
どうぞお問い合わせください。

# 2019年ライオンズゲートの日に映画『セブン・第七感〜観えないけど、観えてくるもの〜』を神戸で上映します。

みっちです。
毎日暑い日が続きますね。
宇宙からのエネルギーが最大となるライオンズゲートの日、8月8日は、地球と太陽、シリウスが一直線上に並び、オリオン座の3つの星がギザの3つのピラミッドの頂点の位置と一致する日です。一年で最もパワフルな日に映画『第七感(セブン) 〜観えないけど、観えてくるもの〜』監督:江藤美智子/43分を上映&トークさせていただくこととなりました。

この映画は、ヒーラー江藤美智子がかかわりをもつ人々を訪ねる旅の記録です。ヒーリングとは何か?ソウルメイトについて、魂について、生まれ変わりについて、思考と感情と身体との関係などをオムニバス形式に描いたセルフドキュメンタリーです。

制作には映画監督である池谷薫先生とプロデューサーの平野愛さんに多大なご指導をいただきました。また、たくさんの方々のご協力を得て形にすることができました。

この映画をご覧になった方々から、「何か新しい流れが起きそうな予感がする」という声を聞くと頑張って作った甲斐があったと思います。素人の映画ですが、完成させてお客様に観ていただけるというのは奇跡に近いことなのだということも知りました。

8月8日9日、の上映のうち、8日は満席となりました。
9日はまだお席がございます。映画『セブン』の周波数を感じていただけたら幸いです。お申込みお待ちしています。

いつもありがとう
Love,
Michiko

 

元町映画館で上映するなら出てあげるよ!と出演してくださった神ドラマー村上“ポンタ”秀一さん

 

【制作の動機】
私は13年前からヒーリングを生業としています。私の仕事(リコネクション)は周波数と呼ばれるものを使いますが、これらは目に見えません。そこで、そのエネルギーを映像を通して表現することができないだろうか?と10年以上考えていた結果、たどり着いたのがセルフドキュメンタリーの制作でした。

映画は、私をヒーラーという職業に向かわせた、古いジェンダー概念からの解放を模索し、その一部として自らの男性性と女性性の統合の過程を表現しました。

【やってみて難しかったこと】
《映画の主人公の描き方》
主人公を私に設定しました。私は自分のことはわかりません。ですから、制作中は今まで以上に身の回りの人の声に耳を傾け「私は誰なのか?」を意識しました。映像の中の自分の動きや、私が撮影した他者を観察して自分を認識することも試みました。

また、自分で制作しているのにも関わらず、劇中で起きていることの合理的理由が理解できなかったり、どうしても納得できなかったことがありました。

しかし、『真理を直感的にキャッチすることで、成長することができる。すべての答えは分からなくてもそれを良しとし、それでもあえて観察し、答えを探そうとすることで、人は成長し、進化していくのだ。』ということを学ばせていただきました。

【制作を終えていま思うこと】
今回の制作で、自分や他者にカメラを向け、映し出された映像は、判断することなく観察し、観察する者と観察される者に徹することが大切だという事を改めて認識しました。そうすれば、さらに多くのレベルでの「理解」や、これまでになかった独自の「感覚」が得られました。

制作過程、そして上映がつづく限り映画の中で進化し続ける自分や登場人物を観察することが必要だ” ということも認識し始めました。なぜなら「理解」とは決して止まった状態ではなく、「感覚」は常に展開しつづける状態で、継続していくからです。

今回の映像制作から学んだことは、「私たちは宇宙の一部なのだ。」ということでした。映像は現在も過去も未来もそしてパラレルもすべて表現してくれます。

今回の作品にかかわってくださった方々、そしてこれから関わってくださる方々全てに感謝致します。

——-

【モトプロ映画祭2019 in Summer】

8/8(木) 9(金) @神戸元町映画館2階イベントルーム
各回1,200円 シニア1,000円

【A】プログラム(3本立て上映/合計94分)
『和(カズ)さんへ 〜戦後73年目のフィリピン行〜』監督:田中園子/23分
『ようこそ!私の水中世界へ』監督:熊田佳奈子/19分
『海の日曜日』監督:中北富代/52分

【B】プログラム(3本立て上映/合計98分)
『妹はピンクがお好き!』監督:石倉悦子/31分
『お元気ですか? 〜西宮甲寿園の人々〜』監督:赤松敏博/24分
『第七感(セブン) 〜観えないけど、観えてくるもの〜』監督:江藤美智子/43分

◾️スケジュール◾️
8/8(木) 14:00〜【A】残席わずか
19:00〜【B】満員御礼 

8/9(金) 14:00〜【B】空席あります
19:00〜【A】満員御礼 

——————————————-
■お申込み■
モトプロ映画祭 in Summerは予約制です。お申込みは、元町プロダクションの予約ボタンからどうぞ。https://www.facebook.com/docu.motopro/

または、333★matariki.jpへ以下の内容をご記入の上お送りください。
お名前、お電話番号、希望人数

# リコネクションを受けて丸12年経ちました

みっちです。
だいぶ暑くなってきました。
みなさん、いかがお過ごしですか?
もうすぐ夏至ですね。

私は夏至の日の周波数を感じると、
魂が遠くに連れていかれそうな気が
して、少し怖いような不思議な感覚
になります。

まだ夏至ではないのに、6月22日の
ことを思うとすでに何か変な感じ。
何の根拠もありませんが、年に数回
しかない、奇妙な感覚を体験できる
この日は好きです。



さて、5月18日にシドニーでリコネクションのセッションを受けて丸12年経ちました。リコネクションは3の倍数で変化が訪れると言われていますから、12年目の年は何が起こるのだろうと、興味津々でした。

私にやって来たものは、これまでの12年間とは全く違う展開になって来ました。そこで、その変化を備忘録として綴っておこうと思います。


環境と体調の変化
いいのであろうか、こんなに人生気ままで。
好きな時に起きて好きな時に寝る。これは今までと変わりないけれど、一番の変化は、一日中寝込むことがなくなった。これはここ1年ほど続いている。それを今この原稿を書きながら気づいた。

昨年インフルで3日間は死んでいたけれど、4日目には復活。身体のクリーニングができた。
無理して仕事を入れることもしなくなった。
私が元気な時に、仕事をするのが一番理想。一人でも多くの方に私らしい私に会っていただきたいと思う。

自分の身体を気遣う変化
9年ぶりにヨガを再開した。2009年まではヨガをしていたのに、病床の母が、「よそから風邪菌をもらってこないようにヨガやスポーツクラブは辞めて欲しい」と言われ言う事をきいたのが運の尽きだった。

親を想う気持ちは大切だが、まずは自分が元気でいなければなんにもならないので、親のいう事をくそ真面目に聞くことはナンセンスだと思い始めた。

2019年1月の終わりから、整形外科のリハビリを始めた。その成果があり、
体感年齢が10歳は若くなった。元気になったから、わかったことがある。それは、2018年の暮れは、体力的に消耗しきっていたのだということ。そのころは「人生早く終わらないかな」と頻繁に思っていたが、今はそんな思考は1か月に1ぺんぐらい、数分間襲ってくるだけになった。自己肯定感が薄れた時の対策法は、リコネクティブ周波数に自分を同調させ、思考と思考のギャップの中に入るようにしている。

街を歩いていると、ガラスや鏡に自分の歩く姿が映る。
それを見るのが嫌いだ。嫌いだから、好きになれるように少しでも普通に歩けるようになるためにトレーニングをしている。自分を好きになるための努力を精神面優先でやっていたが、自分の嫌いな性格が出るときには、肉体由来のコンプレックスからだという事に気がつき、体力強化にシフト。
成果が出始めている。
脚の長さの左右差は、自分の心の声に従わずに自分を粗末に扱った罰だろうから、今世のうちに自分が自分の身体に作ったカルマは清算しておきたい。

父への変化
父に随分本音でしゃべれるようになった。父も本音を言うようになった。父は本音を言うようになったからか、夜中の寝言が少なくなった気がする。本当に不思議だ。



ライフワークの発見
2017年から神戸・元町にある池谷薫ドキュメンタリー塾と、元町プロダクションで、映画制作の勉強を始めた。尊敬する師匠にも出逢えて、映像が好きな仲間が神戸と東京と宮崎と海外にもできた。映画作りに関係するクリエイターや、アーティストや、ミュージシャンの人たちとお話しするのはとっても楽しいし安心する。

23歳から自営業をしているので、これまではビジネス脳に偏っていたが、今はクリエイター脳でいる時間帯が高くなってきた。クリエイター脳でいる時は、ぱーっと、晴れ晴れした気持ちになり、友達との会話も更に楽しくなる。今の私の周波数が共鳴して増幅する、楽しくなるための方法がだんだんわかってき始めた。

リコネクションを受けると自分の才能が立ち上がると言われていて、私のクライアントも大勢の方がそれぞれに才能を開花させていらっしゃる。でも今まで、私はそれが何だかわからず、ずっと探してた。才能があるないは別として、ライフワークにしようという楽しみが見つかっただけでも一歩進めた気がする。ありがとう!宇宙!


向き合う課題の変化
私の身の回りに、理解者が増えてきた。「本当に私は恵まれているのだ」と思うことが3月あたりから、数段増えて来た。いや、本当は昔から恵まれていたのにも関わらずそれに気づかない私がいて、感謝が足りなかった。

理解者が増えた分だけ、今までの人間関係や自分がやってきたことに対しての疑問が湧いてくるのを恐れず、見過ごさず、しっかり向き合う様になった。4月にはこの12年間の総まとめ的な「過去を語り、未来を語る」映像作品を80%仕上げることができた。仕上げはこれから。

こうやって書くと、毎日自分をアップデートして加速的な生活をしているように思えてくるが、実はいい感じでスローダウンした感じ。ここ!って時は、たどり着くまでひたすら大海原を航海する私だからこそ、変化の前の自分を確認して整理して新しい気持ちで出発する時期が必要だったんだと思う。


そろそろ本当の私の居場所を決めなければならないと考えてから早4年。のろまなみっちの人生劇だったけれど、次の目標まで、さあ、あとひと踏ん張りだわ。

いつもありがとう。
Love,
Michiko

 

 

 

 

 

 

 

 

 

# リコネクション後日談・神戸市在住Aさん
2017年4月に、
リコネクションとリコネクティブ・ヒーリング を
対面セッションで受けられた
「神戸市在住A」さまから
うれしいお便りを頂戴しましたのでご紹介します。

 

ご縁があって受けたリコネクションから早1年が経ちました。

私が今、毎日 充実感と幸福感を感じ、ほんとうの自分を生きられるようになったのは、”苦しかった過去” を、 “愛する過去”に変えることができたからです。

◎学生時代にいじめられた時、親に心配をかけたくない!と無理に笑顔を作る日々

◎今日は話を聞いてほしいな!と、期待を持って部活から帰るが、必ず家は真っ暗。家族みんな、兄弟の部活を見に行き、何ともいえない孤独感を感じていたこと

◎性的虐待を受けていたことを、誰にも相談できずにいたこと。 話す気力さえなかったということ

◎トラブルにより、真冬に車の中で生活したこと

どうしてこんなことが起こるの。
どうして私はいつもこうなんだろう。
そこから、独りでいる時間が増え、その空間に心地よさも感じていました。

自分がわからず、一体今どこにいて、どこに向かっているんだろう。
真っ暗闇の中を、独り さ迷っていたと思います。

そんなある日(リコネクションを受けて、9ヶ月頃)、ふと自分の内側から”魂の声”(当時、本当に 魂の声だ!!!と思ったのです)が聞こえたのです。

「あなたが行くところは、そっちじゃないでしょ」って。
「そっちは嫌だよ。。ねぇ、イヤだよ!」と、身体にも反応を起こしてきたのです。

この感覚は何だ!?
と不思議に思いながらも、でも勝手に、自分の魂の声が1番正しいはず!と変な安心感を抱いていました。

そこからが 猛スピードで加速!!!!!

やっていた事を強制終了され、行くべき場所へ導かれ、必要のないものはどんどん手放し、、、

普通なら時間がいるところ、短期間でトントントーーーーン!!!と進んでいったのです。その頃の私は、追いつけず、待って!待ってぇー!!!という感じでした。

そして日に日に 自分がどんな人間なのかが分かってきた時、ふと 過去を思い出したのです。そして気づいたのです。

私はずっと寂しかったんだ って。
何も要らないから、心をギュッと抱きしめてほしかった 構ってほしかったんだ って。

その事に気づけた瞬間 涙が止まらなくなりました。と同時に、初めて自分の心をギュッと抱きしめてあげることができたのです。
誰かに抱きしめてもらいたかったのではなく、本当は”私自身”に抱きしめてもらいたかったのですね。

リコネクションを受けていなければ、きっとこんな大切なこと分からなかったと思います。

私は今、とっても幸せで、生きていて良かった!って心から思っています。

生きていると常に 選択の連続ですが、魂の歓ぶ方を選べるようになったし、わからなくなった時は神様や宇宙が必ず良い方向へ導いてくれる!!と信じて委ねているのでいつも安心感に包まれています。

リコネクションに出逢えてほんとうに良かった。心より感謝しています。

そして、みっちさん。
生きている中で みっちさんに出逢えて、ほんとうに良かった♡

ありがとうございます。

 


Aさんへ
リコネクション後の気持ちの変化を綴ってくださってありがとうございます。
ゆるやかにAさんのハートが開いて来たのを感じることができて、私も幸せな気持ちでいさせていただいています。

私もAさんに出逢えてよかった。
これからもずっと友達でいさせてくださいね!

そして、いつも私を観てくれていてありがとう。

Love,

みっち


■関連記事■

リコネクション・2018年4月神戸市元町・出張ヒーリングのお知らせ

 

ご予約・お問い合わせ 

リコネクション&リコネクティブヒーリング専門サロン
マタリキ  江藤美智子
事務所:宮崎県都城市高崎町縄瀬1675
サロン:宮崎県都城市高木町(都城インター近く)
詳しい場所はご予約後にご案内いたします。

メールアドレス 489@@matariki.jp ←@を1つ消して送ってください。
携帯 090-3071-0995(9時〜20時受付)

 

お申し込み要項

以下の内容をご記入の上、上記のメールアドレスにお送りください。
1.お名前(ふりがな)
2.ご住所
3.お電話番号
4.ご希望セッション名
5.セッション希望日
6.セッション希望時間 第一希望時間〜第三希望時間
7.セッション希望場所

☆セッション中は電話に出る事ができません。
お申し込みは、メールをお
薦めします。

# ドキュメンタリー映画「ルンタ」感想文 東京都たかちゃん

 

みっちです。
2015年9月に中野のポレポレに友人のたかちゃんと「ルンタ」を初めて観に行きました。時空を超え、3年越しの今、たかちゃんとみっちは「ルンタ」に再会します。その、たかちゃんが池谷薫監督作品「ルンタ」都城上映会によせて感想文を綴ってくれたので皆さんにご紹介したいと思います。

 

3年前の私とルンタ

私が初めてこの映画を観たのは3年前でした。
再びこの映画を観る機会に恵まれ、もう一度鑑賞すると3年前の記憶と身に染みた部分に変化があり私自身が時を経て視点が変わったことに気が付きました。

3年前、私は中国による言語政策の弾圧に胸が痛みました。

チベット語が奪われたらチベットの歴史と文化がなくなってしまう…と思ったからです。

© Ren Universe 2015

 

今の私とルンタ

そして今回深く考えさせられたことは“自由を求める魂と怒りについて”でした。

彼らは自らの内から湧き上がる“自由”を取り戻す為に誰も傷つけないデモなどを行っていましたが、中国政府に見つかると拷問によって精神的にも肉体的にも苦しみを伴う体験をさせられました。

しかし彼らはその怒りを「愛と慈悲と利他の心」で相手を悪く言うでもなく、自分自身の崇高な魂に昇華させて静かに対抗します。

それは焼身という方法ですが私は彼らが最後まで自らの意志で選択し生き抜いたその生き方を尊敬しています。

 

虹の視点

歴史を見るときには虹の視点というのがあるそうです。

水滴をいくら集めても虹にはならないように、歴史上の事実や事件をたくさん集めてもそれは歴史にはならない。

その事実や事件の中から適切な角度と距離をとって眺めるとその国民の目にだけ七色に輝いて見えてくるものだそうです。

 

この映画を観終った時、私の目にも大きなきれいな虹が見えました。

チベットに生きる人々の想い、生き方、文化、歴史背景の粒たちが集まって自由と平和への祈りが大きな虹となり、

その中を駆ける馬(ルンタ)が勇ましく走っている姿を思うと涙があふれてきます。

© Ren Universe 2015

 

自分との対話ができる映画

この映画を観るたびに自分の中の真実とは何か、対話ができると思います。

何度見ても様々な角度で深く自分と繋がれる、そんな映画にはなかなか出会えません。

どの言葉も映像もきっとご覧になった皆様の中で虹を作ると思います。

ルンタが何のためらいもなく自由に駆ける姿を一人でも多くの人と一緒に思い描けたら幸いです。

日本語教師 園田貴子

 

© Ren Universe 2015

 

ドキュメンタリー映画「ルンタ」都城上映会

2018年6月9日(土曜日)

都城市ウエルネス交流プラザ
都城市蔵原町11-25

詳細は、以下のリンクをご覧ください。
http://healing.matariki.jp/lung-ta-movie-miyakonojyo/

 

【問合せ・申込み】

「ルンタ」都城上映実行委員会事務局 江藤美智子

電話:090-3071-0995

メール:info★matariki.jp(★を@に変えてください)


■関連記事■
ドキュメンタリー映画「ルンタ」都城上映会のお知らせ

ドキュメンタリー映画「ルンタ」チケット・チラシ設置店

English Version




















リコネクションTAサイト

予約・問合フォーム
Powered by NINJA TOOLS
------------------------------- Skype ログイン状態
Archives
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links