リコネクション/リコネクティブ・ヒーリング専門サロン・マタリキ稲元美智子【宮崎・都城・東京・大阪・福岡】

リコネクションとリコネクティブ・ヒーリングを受けるなら、リコネクティブ・ヒーリングのメンター江藤美智子のサロンマタリキへどうぞ。【資格】リコネクティブ・ヒーリング・ファンデーショナル・プラクティショナー/リコネクション・サーティファイド・プラクティショナー/ メンター
bn

# リコネクション|エリックの記事〜アネモネより〜4

 みっちです。
今日もマタリキのブログにお立ち寄り頂きましてありがとうございます。
リコネクション本部のウェブサイトを見ていたら、私も読んだことのない、記事を見つけしました。最近リコネクション®を知られた方は、エリックが取材された記事をご覧になられたいのではと思ったのでここに転記しました。これが最終回です。

内側に耳を傾けることで内在している能力に気づく

私たちの五感を超えた感覚に耳を傾けて、ただ自分がそこに存在するだけでヒーリングがもたらされる

実際、リコネクティブ・ヒーリングにおいては、従来のエネルギーヒーリングとは違って、行う人も受ける人も指輪や時計、携帯電話などで遮られるということはありません。
ある人は、最初従来のヒーリングとリコネクティブ・ヒーリングを併用しようとするかもしれません。しかし、ある時点で自分なりのテクニックにこだわるのか、それとも、リコネクティブ・ヒーリングという普遍的な知性にゆだねるのかの選択を迫られるでしょう。ある意識レベルになると、自分の尊厳を保つ上で療法はできなくなるからです。

Q.新しい周波数に同調するということは、個々人の健康だけではなく、現代人の生き方や文明を変えるほど革命的な事が起こる?

幸運であれば、そうです。リコネクティブ・ヒーリングは、一度獲得すると意識をそこに向けるだけで十分です。
世界中にこのワークを紹介できて私は幸運です。視覚化すると、この地球上に少しずつ灯りが灯っているようすが見えます。最後は全体が光に満ち、もしかしたら、自分が死んでからもこのワークを
続けるかもしれません。もちろん、それは私だけに限りませんが...

最後に日本の読者へメッセージをどうぞ

「オズの魔法使い」が物語っているように、願いを叶えるものは遠くを探さなくても身近にある。そのように、私たちは外に特別なヒーラーを求める必要はなく、自分の内側に耳を傾ける事で内在している能力に気づくでしょう。
つまり、それは「見る」ことによって得られ。それに「気づく」ことによって誰でもヒーラーになれるのです。
ですから、もしもマスタリー(達人)があなたを呼んでいると思えば、あなたはこのセミナーに来てそれを「見る」でしょうし、見れば自然に「気づく」ことでしょう。


■関連記事■
リコネクション|エリックの記事〜アネモネより〜1
リコネクション|エリックの記事〜アネモネより〜2
リコネクション|エリックの記事〜アネモネより〜3

# リコネクション|エリックの記事〜アネモネより〜3

michikoinamoto 

みっちです。
今日もマタリキのブログにお立ち寄り頂きましてありがとうございます。
リコネクション本部のウェブサイトを見ていたら、私も読んだことのない、記事を見つけしました。最近リコネクション®を知られた方は、エリックが取材された記事をご覧になられたいのではと思ったのでここに転記しました。何回かに分けてUPしています。

意識が5次元に拡大するとDNAが再構築される

Q それはいわゆる「アセンション」のことですか?


実は記憶は宇宙のエネルギーの場、大いなる知性の場に貯蓄されていて、脳はそこにアクセスしているだけ

エリック:アセンションについては、「天国に上る事」や「意識の拡大」など、人によってさまざまな解釈があります。
また、多くの人は私たちが住んでいるのは3次元だと思っていますが、実は今の科学が認めているように、この世は縦・横・奥行・時間を持つ4次元の世界です。
さらに、潜在意識は時間の制約がない5次元の世界です。そこでは直線的な時間軸ではなく、過去・現在・未来が同時に起こっています。このことは、私たちが多次元に存在していることを認識するのに役立ちます。
ですので、過去生を読める」という名刺を作っている人は、名刺を作り直す必要がありますね。(笑)
5次元レベルになるとそれ以上の6次元や23次元など次元というのはあり得ません。私たちの意識のキャパシティが、5次元に向けて拡大すると、それによってDNAが再構築されます。
この関係はコンピュータソフトウェアに例えられます。
様々な記憶はこれまで脳に記憶されていると思われていましたが、実は宇宙のエネルギーの場、大いなる知性の場に貯蓄されていて、脳がそこにアクセスしているだけだということもわかってきています。
そこで、ここのパソコン(脳)に新しいソフト(周波)数をインストールすることによってパソコンの機能が高まり(DNAの再構築)、より多くの多次元情報にアクセスできるようになるということです。

恐れが幻想にすぎないことに気づくこと


Q.つまり、リコネクティブ・ヒーリングは、多次元にアクセスするための新しいソフトのインストールだと?


エリック:そうです。私たちのボディのソフトウェアをアップグレードするものです。キャパシティが広がることによって、エネルギーの働きを超えたフォトン(光子)の光と情報がもたらされる。それが包括的に行われるのがリコネクティブ・ヒーリングです。


Q.その際に障害になるのがエゴ?

そのとおりです。本来、自我は、多次元との交流のバランスを取るためにあるものです。自我があるからこそ最高の自分になれる。しかし問題は、水や栄養と同じように”多過ぎる”ことです。

Q.ご著書の中で体内にシリコンを入れたリュウマチ患者にヒーリングが起きなかったと書かれていますが、何がヒーリングを妨げたのですか?

シリコンそのものが新しい周波数との同調を妨げたのではありません。その患者たちはシリコンの製造会社に対して訴訟を起こしていたために、体調が良くならないことを望んでいたのです。
ここで学ばなければいけないのは、私たちが成長するために、「恐れ」に立ち向かうということです。勇敢な人というのは、恐れがあってもそれに立ち向かう人のことを指します。しっかりと恐れが何かを認識した上でそれを乗り越える。すると、恐れが幻想に過ぎなかったことに気づきます。長い間、ヒーリングの世界でも恐れに基づいた儀式が執り行われてきました。例えば、霊を遠ざけるためのグッズにしても、何か悪いものから自分を守るという恐れに基づいている。しかし、私たちはもうその段階を超える必要があるのです。

■関連記事■
リコネクション|エリックの記事〜アネモネより〜1
リコネクション|エリックの記事〜アネモネより〜2

# リコネクション|エリックの記事〜アネモネより〜2

matariki

みっちです。
今日もマタリキのブログにお立ち寄り頂きましてありがとうございます。
リコネクション本部のウェブサイトを見ていたら、私も読んだことのない、記事を見つけしました。最近リコネクション®を知られた方は、エリックが取材された記事をご覧になられたいのではと思ったのでここに転記しました。何回かに分けてUPしています。


お守りやシンボルをもつ必要がなくなる

現在海外でやる場合は、この実践的な内容の週末セミナーを催しています。
このセミナーを体験されると、例えば、チベットの山頂や南アメリカなど地球上にいる偉大なヒーラーたちと同じレベルのヒーリング能力を身につけることが出来るようになります。
これは地球を包む周波数帯域幅が拡張されたことによって、今までの様な恐れに基づいた儀式が必要なくなったことを意味しています。そして、この新しいレベルにアクセスすることによって、ここにあるイスやテーブルのように、確実に「実在するもの」になるのです。

しかし、今までのヒーリングコミュニティで、特にグッズなどを販売している人たちはリコネクティブ・ヒーリング®を好意的に思っていません。
というのは、新しいレベルになると、ヒーラーがセッションをする際に、クリスタルやお守りのネックレスを持ったり、シンボルを習ったり、スピリチュアルなセージをたく必要が全くなくなるからです。
つまり、従来のすべてのテクニックを超越し、私たちの五感を超えた感覚に耳を傾けるだけ。そして、ただ自分がそこに存在するだけでヒーリングがもたらされるからです。

人生の進化をサポートしてくれる存在とは...

Q.そこにスピリチュアルな存在のサポートはあるのですか?

エリック:リコネクティブ・ヒーリングについて、これまで様々な人たちが持っていた信念体系の範囲内で理解しようとは思わないでください。
そもそもの始まりは、私の患者さんたちが無意識の状態で
6つのフレーズを語ったことによります。

彼らの語る言葉は明らかに他の次元から来たもので、その宇宙のソースは2つ以上のものでした。
これは一つのワークが進行するための指導的な介入で、拒絶することはできませんでした。
ようするに私が頭で考えたことや喋ったことでもなく、50人の患者さんから発された同じ言葉だったのです。

奇跡的な治癒が起きている人たちは、現在もこの多次元の存在を見たり聞いたりしています。中にはそれを天使と呼ぶ人もいますが、当初は誰もが同じ名前を語っていて、その名は今までどの文献にも登場したことのない名前でした。
私なりの理解によると、この存在は5次元の存在であり、まだ4次元にいる人類のために進化のプロセスを促すっサポートをしてくれているのだと思います。

■関連記事■
リコネクション|エリックの記事〜アネモネより〜1

# リコネクション|エリックの記事〜アネモネより〜1

 michikoinamoto

みっちです。
今日もマタリキのブログにお立ち寄り頂きましてありがとうございます。
リコネクション本部のウェブサイトを見ていたら、私も読んだことのない、記事を見つけしました。最近リコネクション®を知られた方は、エリックが取材された記事をご覧になられたいのではと思ったのでここに転記しました。何回かに分けてUPしていきます。

2006年アネモネの記事より

リコネクティブ周波数につながることで癒しが...

Qリコネクティブ・ヒーリングが起きるようになってから、1995年にテレビ出演されたそうですが、どのような反響がありましたか?

エリック:噂が広がって、たくさんの人たちがリコネクティブ・ヒーリングのテクニックについて教えてほしいと私のもとにやってきました。しかし、これはテクニックとして教えられるものではありません。
リコネクティブ・ヒーリングが始まってからは、私の患者さんたちが自宅に帰った後で、テレビやステレオ、ライトやパソコンなどの電気が勝手に10〜20分おきに点滅したりする。あるいは、こぶしに何かセンセーションを感じ、それを家族にあてたら車椅子を使っていた
おじいさんが歩けるようになったり、脳梗塞で口がきけなかったおばさんが話せるようになったり、など
という奇跡的な現象が次々と報告されました。

そこで私が気づいたことは、まったく新しい周波数帯域でお互いがつながることによってヒーリングがもたらされるということです。これを私はリコネクティブ周波数と呼んでいますが、この周波数帯域はエゴが出てくるとうまくつながることができません。

この周波数に誰でも無条件にアクセスできると勘違いしている人もいますが、実際はそうではありません。まず恐れを手放して、新しいヒーリング周波数レベルに同調することによってそれを自分の中に取り込み、持ち運べるようになって初めてヒーリングができるようになるのです。これからたくさんの人たちがこの新しい周波数を体内に持つことになり、それがいろんな人たちに
受け継がれ、そして最後には、この地球上の人々にとってごく自然にヒーリングができるようになると思っています。

# 「エリック・パールが語るエネルギーヒーリングと人間の進化」 その2
 

「エリック・パールが語るエネルギーヒーリングと人間の進化」 その1の続きです。

Q 人間はどのように進化していくのでしょうか?

エリック 人間が進化しているということは、人間のDNAが進化していることでもあります。私たちの脳みそがハードウエアだったとすると、DNAはソフトウェア。新しいソフトウェアを入れたら、アクセスが広がるように私たちの脳もすべてはアクセス能力次第です。今はまだ脳の一部しか働いていなくても、DNAが進化する事によって最終的に5次元の意識にアクセスできるようになります。面白い事に、DNAというのはエネルギーと関係しているだけでなく、光や情報とも関係しています。私たちが健康であるためにも、体内の細胞にあるDNAに光を持っていかなければなららいんです。

Qグリッドとエネルギーの関係について、どうお考えですか?

エリック 科学薬品で癒されるのではなく、情報の周波数で癒されることがわかった今、その周波数は、自分の体内だけで起きているのではなく、相手との関係性においても起きています。ヒーリングは、コミニュケートの手段としてだけではなく、細胞のDNAの中にも介在し、通達されているのです。この周波数は、エネルギーと光と情報の帯域で、科学的エネルギーだけがもつものではなく、知的スピリットも持っています。それは、スピリチュアリティーとか意識的であることを超越して、宗教からも超越させることです。昔は宗教にはそういうものが存在したのですが、それがだんだん超人的な要素がなくなって来たんです。

今現在、量子力学で証明されているのは、ゼロ・ポイント・フィールドです。これはコミニュケーションと情報のフィールドです。概念は、そのフィールドの中に存在しているものもあれば、その中に貢献しているものもあります。アクシオトーナル・ラインは、血を巡らせるエネルギーではなく、エネルギーを巡らせるエネルギーです。それは5次元のメリディアン・エネルギーに繋がらせる。そしてアクシオトーナル・ラインのグリッドのシステムは、肉体の代わりに宇宙のラインになっているんです。

Q今後、リコネクティブ・ヒーリング®はどう発展していきますか?

エリック まず、セミナーを通して、この新しい周波数を体験してもらって、直接的にどんどんいろんな人に伝達していきます。ですから、まずこの地球上に新しい周波数を運ぶ人たちがここに来るのです。そして、このニーズが増えてある程度の臨界点に達した場合は、もう教える必要はなくて、あとは、同じ空間にいるだけで、映画館で隣に座っているだけでそれを伝えていけるようになるでしょう。


■関連記事■
「エリック・パールが語るエネルギーヒーリングと人間の進化」 その1
# 「エリック・パールが語るエネルギーヒーリングと人間の進化」 その1

リコネクティブ・ヒーリング®以前StarPeopleに掲載された記事です。

昨日たまたま本棚の整理をしていて、この記事を見つけました。私自身この記事を何故か読んでいなかったので興奮気味に読みました。

最近「リコネクション」の存在を知られた方へまた、1度はセミナーに出られた方への情報になればと思い転載しました。

セミナーは限られた時間と言葉で行うので、エリック・パールの100%を伝えるのは不可能。これは、リコネクションのセミナーに限らず、どこの学校でもレッスンでも同じではないでしょうか。

その為に、もっと勉強したい!と言う方には予備校や、学習塾、習い事、自宅学習、宿題があります。

セミナーで得た宿題があったらそれがあなたの「学びのテーマ」かなと思うのです。但し、基本には忠実に!例えば、あなたがスポンジケーキを作るとします。基本のレシピが薄力粉を使うのに、あなたが強力粉を使ったら...スポンジケーキは完成しません。

と、いうことで、リコネクティブ・ヒーリング®の基本は、リコネクション®の哲学!

リコネクション®の日本での第一回セミナーは2006年。
すでに6年が経とうとしています。6年〜2年前に学ばれた方で「哲学、なんだったっけ?」とお忘れになれている方もいらっしゃるのでは?

海外のセミナーでは「リテイク(再受講)」をされていらっしゃる方が結構いらっしゃいます。哲学と実技の再確認といったところでしょうか?

日本のセミナーの再開も待ち遠しいですね。

では、エリック・パールが語る「エネルギー・ヒーリングと人間の進化」をご紹介していきましょう。

Qリコネクティブ・ヒーリングと、これまでの「エネルギー・ヒーリング」との違いを教えてください。

エリック リコネクティブ・ヒーリング®は、今までのエネルギー・ヒーリングが進化した、全く新しいタイプのヒーリングです。
これまで、どんなヒーリングでもテクニックがあり、それに囚われているがため、ヒーリングの真髄を失ってしまっていました。ヒーリングを本当に熟達、マスターするにはまず、そういうテクニックを手放して、それを超越しなければならないのです。

今日普及しているエネルギー・ヒーリングは、気功、人身術、除霊などいろいろありますが、それらのエネルギーは、エネルギーの一部でしかなくて、エネルギーのスペクトルではないと思います。

例えば、小川や湖や川の水は、循環する水の一部分にすぎなくて、これらは、大きな海・海洋があってこそ存在できる。小川や河や湖は水のシステムの一部で、絶対必要なものではありますが、全体の水のシステムではありません。エネルギー・ヒーリングもスペクトルとして見た場合に、今までのエネルギー・ヒーリングがエネルギー・ヒーリング・スペクトルのほんの一部にアクセスしている方法に過ぎないことがわかります。

エネルギー・ヒーリング・スペクトルというのは、今までのヒーリングにも、さらに大きなヒーリングにもアクセスできるというだけではなくて、それより大きなエネルギー・ヒーリング・スペクトルにもアクセスできます。そして、このエネルギー・ヒーリング・スペクトルは、今までの私たちが知っている全てのエネルギー・ヒーリングと、それにプラスアルファのエネルギーシステムをも含んだもので、それがもっと拡張されて光と情報になっています。

これは何が良いとか悪いとかではなくて、何が適切かということが大切なのです。

癒しを行う場合は、その人にとってどの癒しが必要かというのを、エゴではなくてエゴから一歩引いて、観察者として観察し、観察されるものもただそこに存在し、その判断はすべて宇宙の知性に任せるのが一番適切です。だから、リコネクティブ・ヒーリング®を普遍的宇宙の知性に判断してもらう。エネルギー・ヒーリングとテクニック・ヒーリングとの違いは、リコネクティブ・ヒーリング®は一つの哲学でしかないという事です。

ですから、ここでは私たちは、単にそれはもうその一部になる、ただそこに存在する、「居る」ということによって、健康を害している人のことはすべて宇宙的知性にお任せするのです。だから、この拡張されたヒーリングのレベルいおいては、あなたがそこに在るというだけ、居るというだけ、それで100%のヒーリングが起こるので、クリスタルもいろいろなツールも要らないのです。

このヒーリングの場合に、塩やセージやクリスタルを取り入れることは、自分が宇宙に向かって完全に100%のヒーリングができないということを言っていることと同じなんです。

それに、今お話したことと同じ概念として、加護、お守りや迷信に対する恐れなどもあります。自分はそういったものが必要だということは幻想でしかないのです。幻想の中に生きていると、必然的にネガティブなことや恐れを自分に引き込んでしまう。それがまた更に次の恐れを引き込み、繰り返しずっと恐れから守るためのことをやらなくてはいけない状況を作ってしまうのです。

■関連記事■
「エリック・パールが語るエネルギーヒーリングと人間の進化」 その2

English Version




















リコネクションTAサイト

予約・問合フォーム
Powered by NINJA TOOLS
------------------------------- Skype ログイン状態
Archives
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links